読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dockerについて

image とは

Dockerイメージというテンプレートからコンテナを作成する

Dockerコンテナー実行中停止の状態があり、コンテナーで実行するプロセスの状態と連動します。

docker pull  でイメージをダウンロード

docker images

 Dockerレジストリのイメージ名は、通常「ユーザー名/イメージ名」と先頭にユーザー名付け/で区切る形式と定められています。ユーザー名を持たないイメージはDocker Hubでは「トップレベリポジトリ」と呼ばれる。

いまさら聞けないDocker入門(2):ついに1.0がリリース! Dockerのインストールと主なコマンドの使い方 (1/3) - @IT

$ docker run [オプション] [--name コンテナー名}] {イメージ名}[:{タグ名}] [コンテナーで実行するコマンド] [引数]

 -d:バックグラウンドで実行する(後述)。既定では、コンテナーをフォアグラウンドで実行するため、Webサーバーやアプリケーションサーバーなど常時実行するコンテナーで指定

-p {ホストのポート番号}:{コンテナーのポート番号}:Dockerサーバーのホストとポートマッピングを構成

--name ubuntu1でコンテナ名を設定

docker ps 実行中のコンテナを表示
docker ps [-a]  停止中のコンテナも表示

STATUS Up は実行中 Exit は停止

 docker commit コンテナー名}|{コンテナーID [{ユーザー名}/]{イメージ名}

コンテナからイメージを作成

docker run -d -p 80:80 --name nginx1 takipone/nginx /usr/sbin/nginx -g 'daemon off;' -c /etc/nginx/nginx.conf

nginxをバックグラウンドで実行し、80番ポートを常時Listenするコンテナーnginx1を作成、実行

curl localhost:80
ホストの80番ポート(nginx)にcurlコマンドでアクセスする

コンテナ、イメージの削除
$ docker rm コンテナー名}|{コンテナーID
$ docker rmi {イメージ名}|{イメージID
 docker start [-i] コンテナー名}|{コンテナーID}  実行


nginx-proxy  imageの一つ
これによって,サーバコンテナが複数ある場合に,ドメイン名によってアクセスを振り分けることが出来ます.

docker - nginx-proxyによるマルチドメイン環境 - Qiita


nginx-proxy を使うシチュエーションがよくわかってないのが今。