laravel 初期設定404

laravel   404 

public/404.html" failed (13: Permission denied)

sudo chown -R nginx:nginx /home/ec2-user/  これやってEC2に入れなくなる!!

 

public/50x.html" failed (2: No such file or directory)

php artisan key:generate

 

.env): failed to open stream: Permission denied

chmod 777 .env   ->  php artisan key:generate  ->

chmod 644 .env

EC2 RDS 疎通

 RDS パブリクに設定

 

mac local から叩けるのにEC2からたたけない

 

VPC、サブネット、ルートテーブルあたりの問題

ping がたたけない

VPCの設定で

DNS ホスト名:
いいえ
 

にしたら一応いけた

 

正しい設定ではないけど一応動く

amazon-linux-extras

amazon-linux-extrasの場合は普通にphpを入れると5.4になる。

 

sudo amazon-linux-extras install epel
epel-release-7-11.noarch.rpm

sudo yum install https://rpms.remirepo.net/enterprise/remi-release-7.rpm
インストール:
remi-release.noarch 0:7.5-2.el7.remi

https://qiita.com/owlbeck/items/20f3e5402cb782f6291e
sudo amazon-linux-extras install php7.2

 

sudo yum install php-mysqlnd php-mbstring php-mcrypt php-pdo php-fpm php-mbstring php-xml

php-xmlがないとcomposerが動かない

react 入門


yarn init
yarn add webpack webpack-dev-server babel-core babel-loader babel-preset-react babel-preset-es2015

start コマンド
node_modules/.bin/webpack-dev-server

コンパイルコマンド
node_modules/.bin/webpack


静的解析
yarn add eslint eslint-plugin-react
node_modules/.bin/eslint --init
npmで消えたフォルダをyarnで入れ直す
yarn install

実行
node_modules/.bin/eslint src/index.js

sass install
yarn add node-sass style-loader css-loader sass-loader import-glob-loader extract-text-webpack-plugin


yarn add react@15.6.1 react-dom@15.6.1
(version古いかも)

axiosはGETやPOSTなど、様々なHTTPリクエストを投げることができるメソッド
yarn add axios

PropTypesは非推奨だからこれを使う
yarn add prop-types
import PropTypes from 'prop-types';

ソート用パッケージ
yarn add lodash
import _ from 'lodash';

1.モックをComponentに分割する
2.必要な情報を洗い出す
3.各情報をどのComponentのstateに詰めるか、どういうpropsで渡すか決める
4.ダミーデータでのComponent作成
5.実際のデータを流し込む

Component用ファイルはもらったデータをもとにhtml生成するだけ
Repositoryはデータ生成

ルーティング設定
yarn add react-router-dom
クエリ
yarn add query-string

redux install
yarn add redux react-redux redux-devtools


storeをsubscribeするのがcontainer
viewのパーツがcomponents

react context
一番親のcomponentで定義した変数をグローバル変数のように使える